ニュースリリース

新建新聞社主催「BESS×竅iえい)出版社」コラボレーション・セミナーが盛況。
「ライフスタイルのある暮らし」へ、住宅関係者から高い注目が。

「ライフスタイルのある家作り提案」と題した、新建新聞社主催のセミナーが11月20日、当社直営展示場「BESSスクエア」にて開催され、住宅業界関係者の多くの参加を集めました。ライフスタイル提案を企画型住宅の「BESS」で展開する当社と、発行部数11万部の人気雑誌『ライトニング』をはじめバイク・ファッションなどを中心としたライフスタイル雑誌を展開している竢o版社がコラボレーション。住宅メーカーと出版社―扱う商品は異なりますが、ライフスタイル提案が核となっていることは共通しています。セミナーでは、両社によるパネルディスカッションや、ライフスタイル提案の核となる体感型BESS展示場の見学会を通じて、今後の住宅業界における「ライフスタイル」の重要性についての意見が提示されました。

ライフスタイルこだわり派の増加

セミナーではまず、「ライフスタイル」にこだわりを持って家を建てて暮らしている人の実例が、竢o版社、BESSそれぞれから紹介され、このような人が、実際に増えつつあることが示されました。続いて、そのライフスタイルのこだわりを住宅ビジネスへと展開している両社の取り組みが説明されました。竢o版社では、社内に「カリフォルニア工務店」という設計事務所を構え、顧客それぞれの趣味嗜好に応じた住宅注文を請けており、その数は年々増え続けているとのことです。一方、BESSでは、<「住む」より「楽しむ」>をブランドスローガンに掲げ、各顧客がこだわりのライフスタイルを楽しめるような企画型住宅を、全国の販社展示場を通じて提案しています。今回のセミナーを通じて参加者の方々にも、今後の住宅業界における「ライフスタイル」や「客質」などの重要性が伝わったようです。

BESS事業のモデル

当社のBESS事業では、住宅商品の提案だけでなく、集客〜ファン化促進〜営業といった仕組みも含めたビジネスパッケージを作り上げ、全国各地の販社とパートナーシップを結んで展開しています。BESS事業の核は、「感性マーケティング」であり、良し悪しよりも好き嫌いで選んでもらえるよう、感性に訴求する発信を行っています。好き嫌い(感性)の重視は、ライフスタイルに対するこだわりと方向性は同じです。BESSでは、『ライトニング』を始めとするライフスタイル雑誌への出稿を中心に、より親和性の高い人に向けてブランド発信をし、単独展示場へと集客しています。展示場では、BESSの感性を実体感していただき、ファンになってもらう。BESS事業は、ライフスタイルから家を選んでもらうための仕組みです。今後も、セミナーで提言された「ライフスタイル提案」を核にした「感性マーケティング」を軸に、BESS事業を拡大していきます。

  • 熱気あふれるパネルディスカッション

  • ライフスタイル提案を体感するBESS展示場見学

  • ニュースリリース
  • 経営理念
  • アールシーコアとは
  • 会社概要
  • 沿革
  • トップメッセージ